1日の流れ

9時~9時15分

9:00~9:15
9:00~9:15

9時~9時15分

保護者と一緒に登園。門では、園長とチャプレンが“おはようございます”とお迎えします。

今日のお子さんの様子で気になる事、ちょっとした事を連絡し合うことも…意外と大切な時間です。

子ども達は、テラスで迎える保育者に“おはようございます。”と一人一人迎い入れられます。

身支度を済ませ、お友達を誘って好きな遊びが始まります。

         保育者たちは一緒に遊びながら、その遊びが発展し広がるようにも守ります。 

 

10時

10:00
10:00


月曜日は・・全園児が集まり、10時から礼拝堂で礼拝をします。      年長児は年少児と手をつなぎ、入堂します。聖歌をうたい、      聖句(月ごとにかわります。例えば10月・・隣人を自分のように愛しなさい)を唱え、身近な所から世界の平和へと広がる祈りをささげ、牧師(チャプレン)のお話しを聞きます。

10時30分

10:30
10:30


10時30分

朝の会をして、その日の活動がはじまります。

たっぷり遊び、心が満たされた子ども達は、集中して活動に取り組んでいきます。

この時期に必要とされる活動をカリキュラムをもとに行われます。

11時30分

11:30
11:30


11時30分

お母さんの心づくしのお弁当!「何が入っているかな~」「今日はね・・大好きな○○が入っているんだ~」

手間はかかりますが、幼児期の母と子の心をつなぐ大切なお弁当。「カラッポになったよ!おいしかった!」

そんな言葉にお母さんの心はホッと温かくなり、作る苦労も何処かへ…

水曜日はパン給食  焼き立てのパンと体に優しいスープ    

            ちょっと苦手なものも、みんなと一緒なら…「あっ 食べられた!」

            それに季節の旬のものを使ったデザートもおいしいです。

       ごちそうさまの後は、好きな遊びに…  さっきの遊びのつづきをする子ども達も。

13時30分


13時30分

お片付けをして、身支度を済ませ、帰りの会。

今日一日振り返り、明日への期待へ…

1日の終わりのお楽しみは、保育者に読んでもらう絵本や紙芝居。

お祈りをして、今日一日に感謝をし、さようなら。

 

14時

14:00
14:00


14時

降園に先立ち、保育者はお迎えにいらした保護者に「今日の保育、子ども達の様子」を報告します。

その後、子ども達は保育者とタッチでさようなら。

 

降園後、保護者の方の見守りの中、少しの間、園庭を開放しています。家庭の都合、小学校保護者会などで定時降園が出来ない時、

            預かり保育の制度があります。