チャプレンの日記249(2018年4月22日)

新入園児にとってお母さんと離れるのは一大事。不安げな子供たちを年長ちゅうりっぷ組の子どもたちが迎えてくれます。ただ、やはりお母さんを求めて泣き止まない子もいます。あるとき先生に抱っこされていたその子に女の子が手紙を渡してくれました。そこにはひらがなのしっかりした文字で「だいじょうぶだよ。よろしくね」と書いてありました。

チャプレンの日記248(2018年4月15日)

12日(木)に入園式があり11人の子どもたちが年少のゆり組に入りました。翌日は初めての登園。年長ちゅうりっぷ組の子どもたちが門で待っていてくれます。お母さんから離れられず不安で泣き出してしまう子も当然いますがその子の手を取って一緒に教室まで行ってくれます。一人の女の子は「今日は忙しい日なの!!」と張り切ってお世話してくれていました。

チャプレンの日記247(2018年4月8日)

〇新しい年度が始まり幼稚園でも辞令交付式があり、新任教諭として諸見田紗希さんが着任しました。先週は子供たちはお休みで新年度のため先生たちが教室を整えていました。明日が進級式、入園式は12日(木)です。