チャプレンの日記276(2018年12月23日)

〇木曜日の終業式、金曜日夕方のキャンドルサービスで二学期が終わりました。運動会、バザー、芋ほり、高尾山や多摩動物園への遠足、ハロウィン、ページェントなど2学期はたくさんの行事がありました。その一つ一つに子どもたちの成長がわかるときが与えられました。次に会えるのは年明け8日です。

キャンドルサービスはこちら ―→ キャンドルサービス

チャプレンの日記275(2018年12月16日)

〇年中の女の子に聞いてみました。「ページェント何の役やりたい?天使?」「ちがう」「マリア?」「ちがう。羊飼い!」子どもたちはそれぞれの思いを込めて聖劇に参加していたようです。今週は園舎で年中の子どもたちが中心になってページェントごっこが始まっていきました。中にはマリアのセリフを全部覚えている子もいます。木曜日にはクリスマス会。鈴の音と共にサンタクロースが登場してプレゼントをもらいました。「サンタどうだった?」と子どもに聞くと「眼鏡かけてた!」

 

クリスマス会のページはこちら ―→ クリスマス会

チャプレンの日記275(2018年12月9日)

〇ページェントを前に手足口病が流行ってしまいました。お休みの子も多いですが子どもたちは一生懸命練習しています。今年は人数が少ない中「ガブリエル」「宿屋」と「東方の博士たち」は一人二役、「羊飼い」は二人分のセリフを一人で語ります。それぞれが自分の役割をしっかりと演じていました。

クリスマス・ページェントのページはこちら ―→ クリスマス・ページェント

チャプレンの日記274(2018年12月2日)

〇クリスマスページェントの練習も佳境に入ってきたようです。今年は一人二役の子供もいるようですし、ロバはぬいぐるみがその役を引き受けてくれます。年長の子どもたちは運動会や高尾山登山が自信となったのでしょう。しっかりと自分の役を演じています。