チャプレンの日記223(2017年9月17日)

〇園庭に白線が引かれ、子どもたちは教えられていないのに、かけっこをしたりリレーをしたりして遊んでいます。パラバルーンや組体操の練習も始まったようです。次第に運動会の気分が高まっているのでしょう。〇ぜんそくなどで久しぶりの登園の女の子。緊張して中に入りたがらないところに園庭で遊んでいた同じクラスの女の子たちが迎えに来てくれました。「まってたよ」「いっしょに遊ぼう」と一緒に登園していきました。

チャプレンの日記222(2017年9月10日)

〇園庭を歩いていると(敷地内に牧師館があるので外に行くには園庭を通ります)ビニール袋を改造したピンクや水色の装束に身を包んだ忍者の攻撃を受けます。追いかけるとキャーキャー笑いながら逃げていきます。武器は折り紙の手裏剣。「セロテープでくっつけたんだ」と三つくらい重ねて作った特製手裏剣が自慢です。〇年少の子どもたちがプランターに種を植えていました。「何を植えているの?」「カブだよー」と教えてくれました。お世話をして実ったらお弁当の時のお味噌汁になるのでしょう。

チャプレンの日記221(2017年9月3日)

〇9月1日さわやかな晴天の中、2学期が始まりました。子ども達も背が少し伸びて、日焼けしての登園です。2学期は行事がたくさんあるはずで、一つずつ子供たちが計画して成し遂げていくので今年はどのようになるのか楽しみです。木曜日は夏まつり。「聖公会祭り」と大きな名前がついていますが、実態は家内制手工業…先生たちやチャプレンの家族のお手伝いのおかげで来て楽しいお祭りでした。

聖公会祭りのスナップ写真はこちらをご覧ください―→